大まかに体の状態を四つに分けて、チェックすることにより肉体の上下、左右、前後のバランス、心の癖(消極的にあきらめてしまう、すぐ焦って対処しようとする等)をまず認識するのが目的です。


『自分のことは自分が一番分かっている』と私たちは漠然と思い込んでいますがコントロール出来ない『自分自身』もまた同時に感じている筈です。


『潜在意識下の自分』要するに『無くて七癖』というものです。

 

弱い体を強くしたい、この性格を直した い、悪い所を直してゆくのはそう簡単ではないでしょう。しかし新しい癖をつけるのは難しくはありません。

癖は黙っていても付くものですからね!このメカニ ズムを活用しない手はありません。

それにはまず『今』の自分の状態を過小も過大もせずにただ眺めて認識するのが『初めの一歩』です。

ただ 普段私たちは社会生活の中で意識と体をくもらせがちです。


まず基本四態相を通して自分の癖を認識して理に適った新たな癖をつけ、生まれ変わっていきます。

意識が変わってくると体も変わってきます。

心と体はコインの裏表ですからね。

 

そして体が変われば当然意識も変化してきます。氣が付くと自分の事を『納得出来る自分』に思えていることでしょう。『強い自分になる』と言うのは相対的に他人と比べる事ではないのですから。


レッスンを通じ、自分で楽な心身の感じを日常生活に還元しましょう!

■基本四態相

1.限定不動態

上半身に力みがあるバランスの悪い姿勢だと、軽く押されけでふらついてしまいます。

現代人は顎が上が り、重心が後ろに下がっている傾向があります。

そういう姿勢も関係があります。

 

そこでまずある程度動かないようにバランスを保とうと集中する段階です。

初 めは外側の筋肉の『反応』でこらえるものです。
それで構いませんから、ます単純に『動かない』のを意識して自分の姿勢のバランスの限界を認識します。

 

初めは『表面』の筋肉で『こらえて』いた感じが、徐々に『内側』に意識が移行して、身体の内部の『芯や軸』で『対応』しようとする感覚が芽生えてきます。


『違和感』を素直に感じる事が『インナーセンスの芽生え』となります。


胃の弱い方、腰に力のない方もふらついてしまいます。

この初めの『自身の相(ありさま)』を素直に見詰める感覚が次の段階へと結んでくれます。
この段階を数回やって胃腸が丈夫になった方もいらっしゃいます。

2.限定動態

 じっとしていて、ある程度こらえられる様になったら、その状態を保ったまま今度は押してくる『力を逸 らしたり、いなしたり』と動いてみます(立ち位置、座っている位置はそのままで)。

 

じっとしている状態でバランスを保つのは比較的容易ですが、動きの中で 安定した状態を保つのは難しいものです。

 

動こうと思った瞬間に体勢が崩れてしまいます。気持ちと動作が不一致のいわゆる氣の抜けた状態になり易いもので す。

 

『柳に風』のように根っこは、しっかりと大地を掴み、枝葉は風に抵抗するのでなく、自然に揺れている感じでしょうか。

 

心を集中し内観しながら無駄な動 作を省いていきます。


そのうちに『力を逸らしたり、いなしたり』と反射的に忙しく動いていたのが段々静かになり『身を任せている』感じになり何とも心地よい精神状態になってゆくのが実感できます。

 

動く瞑想とでも言いましょうか。

3.無限動態

今までの段階で『内部感覚、軸、バランスの目安』みたいなものが少し芽生えてきたら立ち位置、座った 位置も定位置からわずかに移動しながら『自由』に動いてみます。

正面立ちで足の位置を動かさないという『制限』から解放され、特に下半身の充実感が抜け易 くなります。

 

そうすると更に『不自由さ』が分り今の自分の限界を素直に感じ取る事が出来てきます。

『柳に風』から『波に揺れる海草』のように『幹(腰から 下の部分)』も無くして、全体が波の動きに乗りながら、固い心棒では無く、しなやかで弾力のある体の中心軸を保つ段階です。

 

これも初めは外見の柔らかさから練習しているうちに意識が内部に移行して、見た目の動きが派手 では無くなってきます。

 

外側から『波に翻弄されている』感じから、身体の内部まで『波そのもの』になってゆく感じです。

 

そのうちに相手の動きと一つになっ て、まるでダンスを踊っている様な一体感が出て来ます。

4.無限不動態

見た目は動いてはいませんが内部は大きくゆったりと自分の意識を眺めています。

あらゆる意味で制約の ある肉体を一旦完全に受け入れ、肉体と意識とを境目が無くなるまで鎮めていきます。

 

台風の時、海面は波立ちますが深くなってゆくと波も無くなり静かになり ますね。

丁度そんな感じです。とにかく『内観:瞑想』を心掛ける段階です。落ち着いていて、しかも感覚が鋭くなるのを感じてきます。

 

この心身の状態の時に 押してみると見た目はほとんど動いてはいないのに、力が吸い込まれたり、勝手に自分から体勢が崩れたりと面白い現象が起きてきます。

 

そしてまた始めに戻り心身の状態をチェックして更に深めてゆきます。『態相1』でも1から4を何度も通過する事により『質』が高まり、深まってゆきます。 

このように基本四態相で明確に条件を変える事により、頭の整理がつき易くなり今の自分(心と体の状 態)をしっかりと認識出来るようになるのです。

 

『今の自分』を知る事が出来れば必ず先に進むことが出来ます。そして統一態が深まって何時でも充実した自分 になってゆきます。この基本四態相以上を色々と『遊び感覚』で身に付けてゆきます。


『遊び』と言うと不謹慎な感じがするかも知れませんが義務感や責任感、年令性別、国籍を超えて誰もが持っている身体そのものに気付く事、楽しみながらと言う事で『遊び』と捉えています。


Copyright (C) 2007 [Inner Sence Training] Kazuki Tajima All Rights Reserved.