インナーセンス・トレーニング(IST)は、虚弱な体質を変えたい方、健康維持を心がけたい方、あるいは美しい姿勢を身につけたい方、パワーアップを目指す方の為に、最適な体操法です。


このトレーニングをしていくことで、自分自身の内部感覚が養成され、無理なく普段使わない深層筋群が鍛えられます。

 

深層筋群とは体の奥にある筋肉で、表層の筋肉より感知しづらいのですが、この筋群が鍛えられると健康になり、底力が出てくるのです。(養生の根本)

 

この自分自身のなかに誰もが持っているインナーセンス(内部感覚)を目安として、体を緩めながら、しなやかで美しく健康的な身体を作ってゆきます。


よく姿勢が大事と言われますが、いわゆる『気をつけ!式』の堅い姿勢ではなく、力みが抜け、自然な弾力ある肉体ができてこそ、自然体の美しく勢いのある姿勢を作る事につながります。

もう少し言いますと内部感覚が芽生えないと『正しい姿勢』に現われて来ません。

内部の良い状態が外側の『見える良い姿勢』に反映されてきます。


まずレッスンでは、こわばった身体をほぐす基本柔軟体操か らはじめます。

 

ある程度、身体がゆるまないと、内部(芯、軸)まで意識する事が難しく、固さ、こわばりに意識がとらわれてしまうからです。

この過程で、自 分のからだの不安定さやアンバランスが自覚できると、そこからはじめて、自分の『芯、軸』の感覚が芽生えてくるのです。

 

この過程で、健康維持に欠かせない 氣血の流れ、『深い呼吸』『意識のリラックス』も自然と身に付きます。


Copyright (C) 2007 [Inner Sence Training] Kazuki Tajima All Rights Reserved.